夏期セミナー

学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー(夏セミ)とは!?

学生研修医のための家庭医療学夏期セミナー、通称「夏セミ(かせみ)」は「家庭医療について学び、気軽に情報交換でき、将来を考える場所」として、全国の医療系学生&研修医250名と家庭医療・総合診療に携わる200名を超える先生方が集まるセミナーで、日本プライマリ・ケア連合学会学生・研修医部会が主催しています。医学生以外の看護、薬学、リハビリ、福祉、鍼灸など、医療系の学生も参加対象となっている、チーム医療を見据えたより総合的なセミナーです。また、1年生から実務者まで、初学者からリピーターの経験者まで、幅広い参加者が楽しめる構成となっております。3日間の全日程5コマを、総数およそ40のセッションから選んで自分だけの夏セミを作りましょう!!全国から集まった多種多様な学生や研修医、先生方と交流し、家庭医療・総合診療について学んでみませんか?

<キーワード>

家庭医療、総合診療、地域医療、プライマリ・ケア、多職種連携

<こんなあなたはぜひご参加を!>

・家庭医療ってなぁに?
・全国の仲間と出会いたい!
・地域医療や多職種連携に興味がある!
・家庭医療・総合診療の先生と語り合いたい!
・夏休みの思い出を作りたい!

<このイベントの魅力!>

・学生・研修医・家庭医・総合診療医が集結!
・先生方との距離もとっても近い!
・全国の仲間たちとの懇親会での語り合い!
・家庭医療・総合診療にまつわる幅広いテーマのセッション(参加型ワークショップ)の数は約40個。

そのうち5つを自由に組み合わせ、あなただけの夏セミをつくれます!

(セッションのキーワード(例):患者中心の医療、在宅医療、家族志向性ケア、診断学・臨床推論など)。

概要ページはこちらをご参照ください